2020年12月24日
お知らせ

喜ばしい主のご降誕の日を明日に控え、今夜から教会は祈りに包まれます。教会にいらっしゃる皆様は、どうぞ暖かくしてお出かけください。また今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ごミサがライブ配信される教会もあるようです。それぞれのご家庭からも心を一つにいたしましょう。

さて今日は、先日納品させていただきました家庭用祭壇(香台)を紹介させていただきます。こちらはクリスマスまでにというご依頼を受け半年かけて製作した、幅1メートル10センチ・高さ1メートル90センチ・奥行70センチの大型香台。ご家庭の設置スペースに合わせたオーダーメイドとなっております。ご一緒にご依頼いただいた御像は、弊社と同じ長崎市辻町にあります中田ザビエル工房さんに製作していただきました。弊社の御像はいつも中田さんにお願いしています( ˘͈ ᵕ ˘͈ )

金色に輝く香台の飾り彫刻は、キリスト教の中では宗教的な意味合いの強い伝統的なモチーフである麦の穂、葡萄、バラ、ソテツの葉をあしらっており、弊社のカトリック木工作品の定番紋様となっています。

この他にも現在、香台5台、香台修理1台、カトリック黒崎教会の侍者イス3台を受注中!葬儀と並行して心を込めて製作しておりますので、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。

そしてこちらは、昨日お伺いしましたカトリック本原教会のプレゼピオと子ども達の願いや祈りが込められたクリスマスツリー。七夕みたいにたくさんの願い事や祈りで彩られたツリーがとても愛おしく、心温かくなりました。:+((*′艸`))+:。

皆様、よいクリスマスをお過ごしください。


⚠️聖堂内での撮影は許可が必要です⚠️

2020年12月13日
お知らせ

待降節第三主日。皆様の教会のアドヴェント・クランツにも3本目の灯が灯ったことと思います( ˘͈ ᵕ ˘͈ )

先週に引き続き、今日も長崎の教会のクリスマスイルミネーションやプレゼピオの写真をご紹介します!


1枚目はカトリック愛宕(あたご)教会のクリスマスイルミネーション。浜んまち、思案橋という長崎市の繁華街を抜けて坂道を登りますと、突如幻想的なブルーのイルミネーションが左手に現れ、しばし見惚れてしまいました。

2枚目はカトリック城山教会のプレゼピオ。城山教会と言えば聖堂入口のステンドグラスの見事さにまず圧倒されるのですが、馬小屋はその前に設置されていて皆様を出迎えてくれます。 

3〜4枚目は浦上天主堂のプレゼピオ。祭壇左手に大掛かりに作られており、設置もさぞかし大変なのだろうと拝察いたします。信者の皆様の熱い想いが伝わってまいりました!

そして5〜9枚目は、カトリック大浦教会の様子です。聖堂内の馬小屋やアドヴェント・クランツ、教会表のマリア様のイルミネーションは心穏やかになりますね( ˘͈ ᵕ ˘͈ )大浦教会聖堂内の長椅子は感染症対策のため以前から真ん中を着席禁止スペースにしておりますが、先週4ヶ月ぶりにご葬儀に伺ったところ✖️印の貼紙に替わって美しい聖画の切り抜きが座面に貼られていました!これなら誰も座りませんよね。女性信者の方のアイデアだそうです。お見事!

そして最後は、国宝であり世界遺産・大浦天主堂の心踊るクリスマスイルミネーション!思わず『きれかぁ〜!』(→ It’s beautiful!の長崎弁)と呟いてしまいました。

長崎でも新型コロナウィルス感染のニュースを多く聞くようになって参りました。外出を控えていらっしゃる皆様に、この美しい長崎の教会の写真をご覧いただき、少しでも心温かくなっていただけると嬉しいです。


⚠️聖堂内での撮影は許可が必要です⚠️

2020年12月6日
お知らせ

長崎もだんだんと寒さを増し、待降節第二主日を迎えました。

こちらは12月1日に撮影させていただいたカトリック滑石(なめし)教会のアドヴェント・クランツ。今日は2本、温かに灯っていることでしょう。祭壇右手には信者様渾身の馬小屋。そして滑石教会は屋外にもプレゼピオが!よく見るとこちらの馬小屋にはかわいいイエス様がもう既にいらっしゃって、なんとも幸せな気分になりました( ˘͈ ᵕ ˘͈ )

今日は、先週通夜式を担当した司会チームからも教会のイルミネーションの写真が送られてきていますのでご紹介します( ・ᴗ・ )

上の写真は先月28日の浦上天主堂。浦上教会はこの日がクリスマスイルミネーションの点灯式だったそうです。

次はカトリック城山教会。聖堂入口のステンドグラスに負けないくらいゴージャスなイルミネーションですね!

次はカトリック西町教会。こちらは通夜式ではなく昨夜のごミサに与ったときのものだそうです。高い尖塔に取り付けられた星がひときわ輝き、信者さん達を迎えています。

次はカトリック黒崎教会のプレゼピオ。伺った司会者によると聖堂自体にイルミネーションはなく、教会の上にある黒崎聖母保育園のフェンスがキラキラしていたとのことでした。

そして、最後の2枚はカトリック中町教会のマリア様とプレゼピオ。陸の玄関口・長崎駅に程近い中町教会聖堂は、夜景観光に力を入れる長崎市の新たな夜景景観の魅力向上と賑わいの創出を図ることを目的として2014年から継続してライトアップされていますが、マリア様がこのように輝くのは待降節のこの時期だけではないでしょうか。ブルーのイルミネーション、心落ち着きます(‘v’)


⚠️聖堂内での撮影は許可が必要です⚠️

2020年11月27日
お知らせ

日中の風も冷たさを増し、待降節を前に長崎もようやく冬の訪れを感じるようになりました。

さて先日、カトリック飽ノ浦教会の巡回教会のひとつ福田集会所(以前は福田教会と呼ばれていました)の入口にあるマリア像の飾り棚の修繕を承りました。そのbeforeーafterをどうぞご覧ください!

この飾り棚は7年ほど前に信者の皆様からのご要望を受け、弊社が製作し設置したものです。屋外にあるため長年の風雨にさらされた飾り棚は痛みも激しく、塗装も剥げていました。どうですか?見違えるように綺麗になったでしょう?


…それもそのはず!実はこれ、新品なんです( •̀∀︎•́ )✧︎

修繕なのになぜ新品かと申しますと、それは7年前、この飾り棚の注文を受けた時に弊社会長がカトリック木工職人育成の一環として全く同じものをもう一つ社員に作らせていたもので、倉庫の片隅に眠っていたその飾り棚を今回据え付けさせていただきました。だから新品!7年前、会長の熟練の技を間近で見ながら、そして指導を受けながら作られたマリア様の飾り棚がようやくデビューを果たしました!

各教会では、今日明日とイルミネーションを準備なさる所も多いと思います。今朝は浦上天主堂でも梯子などを掛けて大掛かりに取り付け作業が行われていました。どうぞ皆様、お怪我ありませんように。


⚠️聖堂内での撮影は許可が必要です⚠️

2020年11月17日
お知らせ

先週伺いましたのは、ステンドグラスが見事なカトリック東長崎教会。いつものように開式1時間前から集まって和気あいあいと練習なさる聖歌隊の皆さんには、弊社がInstagramを開設した時に動画で出演していただきましたが、聖堂内部については詳しくお伝えしておらず、今回あわてて西田主任神父様から撮影と掲載許可をいただいた次第です。まずは美しい聖堂内部をどうぞご覧くださいませ。



東長崎教会のお隣には、いつも元気な子どもたちの声が聞こえてくる聖母の騎士東長崎幼稚園があり、この幼稚園の運営のため昭和37年にコンベンツァル聖フランシスコ修道院として建設されたのが当教会の始まりなのだとか。現在の聖堂は平成7年に献堂され、1階が信徒会館、2階がお御堂となっており、エレベーターも完備されています。階段脇にはポーランドから贈られたという聖コルベ像。迫力です!

この度も大変お世話になり、西田神父様、聖歌隊の皆様、本当にありがとうございました。


⚠️聖堂内の撮影は許可が必要です⚠️

1 2 3 4 11